​審査基準

【加点項目】

審査は、3人の審査員が「難易度」「完成度」「演技構成」「新奇性」の4点に基づき、計100点満点で審査する。


・難易度 30点

 そのルーチンがどれほど難しいかを評価する。

1つ1つの技の難易度、技のコンビネーションやバリエーションの多さなどが評価の対象となる。なお、難易度の評価には「新奇性」は考慮されない。また、ドロップやミスによる難易度点の減点は行わないが、技は成功した範囲でのみ評価の対象とする。

ジャグリング以外の技術、例えばアクロバティックスなどのテクニックはそれ単独では技術点の評価の対象にはならないが、ジャグリングと組み合わされることで演技全体の難易度が上がるときは評価の対象となる。

・完成度 30点
 演技中の技・シークエンスがどれだけ安定しているか、および演技者自身のルーチンに対する熟練度の高さを評価する。技中のフォーム、道具操作の安定感、ミスからのスムーズなリカバリーなども評価の基準となる。
 ドロップ・ミスが多ければ減点の対象となる。


・演技構成 20点

 ルーチンの流れ、音楽との調和、衣装やキャラクター、使う道具やセット、演技全体の魅力及び芸術性などにより総合的に評価する。ジャグリングに関係のない技術もそれが全体的な演出をひきたてるものであれば、評価の対象となる。

 

・新奇性 20点

 演技中の技やシークエンスがどれだけ珍しいか、およびジャグリング界の進歩に寄与しているかを評価する。

斬新な道具の扱い方・発想・将来の発展性の有無・特有性についてなどが評価の対象となる。


【減点項目】
・ルーチンの制限時間は、ジュニアBra棒部門は4分30秒以内、男子Bra棒部門と女子Bra棒部門は6分以内である。制限時間を超えた場合、その超過時間に応じて合計点から減点、または失格とする。


5秒以内  –1
10秒以内 –5
15秒以内 –10
20秒以内 –15
25秒以内 –20
30秒以内 –25
31秒以上 失格

 

 

・演技開始時点

1、曲の開始

2、出場者が静止状態から演技・ジャグリングを始める

以上2点のうちどちらかが認められたとタイムキーパーが判断した時点を演技開始時点とする。

 

・演技終了時点

1、フィニッシュポーズ

2、観客へのお辞儀

3、演技スペースからの退場

以上3点のうちいずれかが認められたとタイムキーパーが判断した時点を演技終了時点とする。

 


・以上の事項を踏まえた上で、審査員それぞれが審査を行う。審査員全員の点数の平均により順位を決定する。なお、得点が同じだった場合、以下のような優先順位で一位、二位、三位を決定する。
①ドロップが少ない
②難易度点と完成度の合計が高い
③審査員による多数決

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now